MENU

mineoのMNP制度を理解しよう

スマートフォンを安い維持費で利用できるサービスとして、近年劇的に利用者数を伸ばしている格安SIMサービスですが、最近では初めてスマートフォンで格安SIMを利用しようと考えているでも利用しやすいようなサービスやサポート対戦が整ってきています。

 

格安SIMサービスが出始めた当初は、音声通話付きSIMの取り扱いを行っているMVNOはごく一部でしたし、インターネットからMNPで新規申し込みをした場合には、格安SIMが届くまでの間、スマートフォンでの通話やモバイルデータ通信ができなくなってしまう不通期間があるのが当たり前でした。

 

しかし最近ではMNP制度を利用して格安SIMに乗り換えをしても不通期間なしで契約できるケースが非常に多くなっていますし、大手MVNOの一つであるmineoでも不通期間なしで音声通話付きSIMを利用することができます。

 

MNP制度を利用してmineoに新規申し込みをする場合はどのような流れとなるのかについて解説をしていきます。

 

mineoの音声通話付きSIMに新規申し込みをする場合には公式サイトからインターネットで申し込みをする方法と、大手家電量販店などの実店舗から申し込みをする方法との2つの方法があります。

 

最も簡単な方法は実店舗からの申込であり、この方法ならばスタッフのサポートを受けながら契約ができますし、MNP即日切り替え対応店舗で契約をすれば、特に難しい手続きなどは必要なく、不通期間なしでmineoのサービスが利用できます。

 

インターネットから申し込みを行う場合は、MNP予約番号の有効期間が一定期間以上残っている状態での申し込みを不可欠となります。実際に契約申込を行う直前に予約番号を取得すると良いでしょう。

 

mineoの公式サイトから申込を行った後は、申請事項に不備などがなければ約5日ほどで自宅にSIMカードが届きます。届いた後はインターネットを利用してセルフサービスで電話番号の切り替え手続きを行うことになります。

 

手続きを行ってから電話番号が切り替わるまでの時間ですが、auプランの場合は約30分、ドコモプランの場合は約1時間と、プランによって切り替わるまでの時間に差があるので注意が必要です。

 

無事に番号が切り替わった後はmineoのSIMカードを端末に挿して初期セットアップを行うことで、利用を開始できます。

 

番号が切り替わる前に端末にSIMカードを挿した場合には、再起動する必要があるので、注意しましょう。